コンタクトレンズは、視力を矯正するための 高度管理医療機器です。

コンタクトレンズの基礎知識

コンタクトレンズの名前の由来

コンタクトレンズは、英語の『contact』(接触する)から付けられた名前です。角膜(黒目)に直接接触させて使うために「コンタクトレンズ」という名前になりました。

コンタクトレンズの素材と形状

ハードコンタクトレンズは透明なプラスチックでできており、ソフトコンタクトレンズは、水を含むと柔らかくなるプラスチックで出来ています。近年では、酸素透過性にすぐれたシリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズも登場しています。角膜(黒目)にうまく沿うように小さなおわんのような形をしています。大きさは、ハードで約9ミリ、ソフトでは14ミリ前後です。

コンタクトレンズの構造

コンタクトレンズってよく見るととても複雑な構造をしているのです。あの小さなものの中に視力を矯正する部分と、目の中で安定し、ゴロゴロしないようにする部分があります。

角膜に涙と酸素が必要なわけ

角膜は、呼吸しています。透明で血管のない角膜は、新陳代謝に必要な酸素を直接大気中から取り入れているのです。

コンタクトレンズの種類

ハードコンタクトレンズ

耐久性にも優れ、酸素透過性タイプなら安全性も抜群。

硬いプラスチックでできたコンタクトレンズです。現在では、酸素透過性ハードコンタクトレンズが主流です。大きさは約9ミリ。角膜(黒目)よりも少し小さくて、まばたきのたびに角膜の上を上下に動きます。 コンタクトレンズの中でも、一番酸素を補給できるコンタクトレンズがハードコンタクトレンズです。また、乱視矯正にも優れています。

ハードコンタクトレンズの装着状態

初めてはめた時にはゴロゴロ感がありますが、だいたい1週間で慣れて、後は快適に装用を続けることができます。

ハードコンタクトレンズの特徴
  • 酸素透過性が高く、長時間の装用が可能
  • 視界がクリアでシャープ
  • 乱視矯正にも優れています
  • 長い目で見ると、経済的
みみより情報
  • 酸素透過性はソフトコンタクトレンズの3~5倍
  • 若年者では、ハードコンタクトレンズは、ソフトコンタクトレンズやメガネに比べても近視が進みにくいという研究結果があります。

ソフトコンタクトレンズ

異物感が少なく、激しいスポーツでも安心。

水を含むと柔らかくなるプラスチックできたコンタクトレンズです。近年では、酸素透過性にすぐれたシリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズも登場しています。含まれる水の割合(含水率といいます)は素材によって異なります。大きさは約13~14.5ミリ。角膜(黒目)よりも大きく結膜(白目)の部分まで覆います。一番の特徴は柔らかいために装用感の良いことです。

ソフトコンタクトレンズの装着状態

レンズは角膜をすっぽり覆うほどの大きさ。ゴミやホコリが入りにくく、初めてでも異物感をほとんど感じません。

使い捨てコンタクトレンズとは?

一般的に定期的に新しいレンズに交換するソフトコンタクトレンズのことを言います。もう少し詳しく分類すると、1~3ヶ月のサイクルで交換する「定期交換型」、2週間サイクルの「頻回交換型」さらに毎日捨てる「ワンデータイプ」などがあります。

ソフトコンタクトレンズの特徴
  • レンズが柔らかく異物感が少ない
  • 激しいスポーツでも安心
  • ワンデータイプ以外は、毎日の消毒が必要
みみより情報
  • 最近では乱視用や遠近両用の使い捨てソフトコンタクトレンズもあります。