コンタクトレンズを知ろう:ハード・コンタクトレンズ・製造・工程・ニチコンなどについてご説明します。


株式会社 日本コンタクトレンズ 静岡商事
静岡市葵区紺屋町8-6 地下街 パルコ前

Tel.(054)251-1121
 ハードコンタクトレンズの製造工程




(1)コンタクトレンズの素材



コンタクトレンズの元となる材料を
ボタンと呼びます。
 (2)レンズの切削




精密なコンタクトレンズ加工用旋盤を使用して、
レンズを切削します。

(3)レンズ研磨・仕上げ作業



切削をした後、レンズを研磨して
表面をなめらかに加工します。
(4)レンズ洗浄



きれいに洗って不純物を取り除きます。
 
(5)検査
 



レンズが規格通り作られているか最終チェック。


(6)マーキング



レンズに製品別のマークを入れます。
(7) 容器収納・包装・表示


レンズを専用の容器に収納し、包装をします。
 (8)完成!






コンタクトレンズは、目に直接のせて使用をし、視力を矯正する高度管理医療機器です。

そのため、コンタクトレンズの製造には、高精度、高品質を生み出す先端技術が終結され、厳しい品質管理が必要となります。

ニチコンのコンタクトレンズは、宮崎県にコンタクトレンズの製造工場を置き、各工程に最新機器を配してコンタクトレンズの素材となる高精度のプラスチックの原料配合から検査まで医療機器QMS(医療機器の製造管理および品質管理の基準)に基づく一貫した管理体制の中で行っています。

安心してお使いいただけるコンタクトレンズだけを皆様にお届けします。

コンタクトレンズの基礎知識≫ コンタクトレンズの種類≫

▲Page Top
株式会社 日本コンタクトレンズ 静岡商事
静岡市葵区紺屋町8-6 地下街 パルコ前

Tel.(054)251-1121
Copyright(C) Nippon Contact lens Shizuoka Commercial firm Co., Ltd, all rights reserved