なぜものは見えにくくなるの?

ものが見えるしくみ

人間の目の働きや構造は、よくカメラに例えられます。カメラでは、シャッターを押した時に、光がレンズを通り、それがフィルムに像として焼きつけられます。

人間の目の構造もカメラと似ていて、目から入った光は、水晶体(カメラのレンズに相当)を通るときに屈折し、網膜(カメラのフィルムに相当)で像を結びます。光を網膜で感じることにより、映像を認識しています。

一般的に「目が悪くなった。」といわれる場合の多くは、「近視」と呼ばれる屈折異常をいうことが多いです。近視は、遠くを見たときに、網膜よりも手前に光の焦点が結ばれるため、ものがぼやけて見えます。

近視の場合

近視は、角膜(黒目の部分)から、網膜までの長さ(眼軸長)が長かったり、角膜や水晶体の屈折力が強すぎることにより起こります。これらの原因は、現在のところよくわかっていませんが、遺伝的な要素と環境が関係すると考えられています。

眼軸が長い場合

屈折力が強い場合

目が悪くなる原因は様々です。

緑内障や網膜症などの病気の場合も、視力低下などの症状が出ます。進行すると、失明する可能性もあるので、自己判断をせず、眼科医の診察を受けましょう。

日常生活で気を付けることは

ストレス

長時間テレビを見る

長時間ゲームをする

長時間パソコンをする

これらの状態を長時間続けると、水晶体の厚さを調整する筋肉を疲労させ、眼精疲労を引き起こす原因となります。これらの筋肉の過度の疲労は、視力低下の原因の一つになります。

  • ひじを突いて本や新聞を読む
  • 寝転んでテレビを見る

姿勢が悪い状態でものを見ていると、対象物と目までの距離が、左右で変わってくるため、どちらか一方の目を過度に使うようになります。そのために、特に小さなお子様の場合には、注意が必要です。

正しい生活習慣を心掛けましょう

①遠くを時々見るようにしましょう。

②目の筋肉のストレッチをしましょう。

③姿勢に注意しましょう。

④テレビを見る時は、2m以上離れて見ましょう。

⑤本を読む時は、30㎝以上離して読みましょう。

⑥パソコン作業をする時は、モニターから50㎝以上離れて行いましょう。

⑦適度な運動をしましょう。

⑧ビルベリーエキスなど、目に良い成分を積極的に摂取しましょう。